スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

頭皮を温めれば血行がよくなる

育毛剤を振りかけて指先や手をつかいマッサージしている人も多いでしょう。
これは、マッサージをすることで育毛剤の浸透を助けたり、頭皮の血行をよくする働きがあります。
髪の毛の栄養分は血液と共に運ばれてくるので、マッサージにより血行が良くなれば
それはすなわち髪の成長にも良い影響をもたらせてくれます。

頭皮の血行はマッサージの他にも頭皮を温めることでも可能になります。
タオルを熱いお湯で絞り、そのタオルで頭全体を包み込みます。
この時にトリートメントを髪に塗布しておくと髪の毛の保護にも役立ちます。

他にも、肩や首をマッサージして血行を促進させるとそれも頭皮への血液の流れを
スムーズにすることにつながり、育毛にプラスになります。

ちょっとしたことですが、こういう簡単な行動も育毛につながりますので、
まずは自分で簡単に出来ることから始められたらいかがでしょうか。

| 頭皮を温めれば血行がよくなる | 育毛 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

頭皮を見てシャンプーしよう

寒くなるとシャンプーを控える人が多いようです。
それに洗った後で濡れた髪を乾かすのも面倒ですしね。
夏場に比べると冬はそれほど汗もかかないし、汚れにくいともいえます。
また、暖房のある部屋で仕事をする場合でも頭皮は乾燥してしまいます。
では、冬場にはどのように気をつけて育毛に取り組めばよいのでしょう。
まず、この時期は脂性の人でもそれほど気にならないということが挙げられます。
夏ほど汗はかきませんし、頭皮のベタつきなども夏ほどではありません。
こういう場合においては、神経質になって夏のようにシャンプーをしなくても良いのです。
つまり汚れていなければ洗わなくてもそれほど問題ではないという事ですね。
しかし、これはその人の頭皮の状態によって変わってきます。

人間には、頭皮が乾燥している人と、脂性の人がいます。
もちろんその中間の人もいますが、ここでは上の2種類の人について書きます。

乾燥肌の人は、普通の人よりも頭皮が乾燥するので頭皮の皮脂が少ないです。
皮脂が少ないということは、頭皮の潤いが足りないといえます。
潤いが足りないのに毎日シャンプーすれば余計に乾燥するのは目に見えています。

つまり乾燥肌の人の場合は、週に2〜3回くらいシャンプーすればよいという事になります。

ただし、日によっては髪や頭皮が汚れてしまう場合もありますので、その時は洗うことになります。
臨機応変に対応することが大切です。

逆に脂性の人は、普通の人よりも皮脂の分泌が盛んなので、その分頭皮がべたついて汚れやすくなります。

この場合は毎日のシャンプーがおすすめです。

ただし、季節の変わり目や乾燥する季節、乾燥する状況などもありますので、
汚れていない、べたついていない場合は無理に洗わなくても良いでしょう。

育毛に取り組んでいる人は、神経質になりがちな人も少なくありません。

ここで大切なのが、頭皮の状態をよく見極めるということです。

育毛剤を選ぶのも、育毛剤のつけ方も、頭皮の洗い方も、マッサージのやり方も、
いろいろありますが、いろんな要素が育毛の分野に入ります。
あまり満点を望まずに、まず自分の無理のない範囲でやれることから始めてみましょう。


| 頭皮を見てシャンプーしよう | シャンプー |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

抜け毛や白髪とワカメと昆布の関係

髪毛が抜けたり白髪になると、ワカメやコンブを食べると改善するという説があります。これは特に中年以上の方がよく言われているように思います。
それでは果たして本当にワカメやコンブを食べることにより抜け毛白髪に効果があるのでしょう。

髪の毛は体の中から生えているものなので、その点について考えると髪が育つために必要な栄養分も食べ物を摂取するということについては間違いだは言えないでしょう。

コンブにはヨードという成分が含まれているのがわかっています。
ヨードには髪の毛に限って言えば髪の毛のつやを良くする効果があると言われてるのです。
しかし、これはあくまでも言われているという範囲なので、私自身が実際に試したわけではないので何とも言ないのです。

髪の成分を見た場合は、髪の成分がケラチンであるので、ワカメやコンブを食べることよりも、むしろ良質のたんぱく質(肉や魚、大豆や納豆、そして豆腐)などを食べることの方が大切と言えるのではないでしょうか。

つまり、抜け毛対策はげ対策白髪対策としての、特定の食べ物が存在するわけではなく、大切なのはあくまでも栄養のバランスを考えた食事なのです。

健康な体に健康な髪の毛が育つのは当然のこと。

髪の毛のためというよりも健康な体を保つために栄養のバランスのとれた食事を心がけるようにした方が良いのです。

| 抜け毛や白髪とワカメと昆布の関係 | 食生活 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

育毛から見た白髪について

白髪が目立つと白髪を抜いてしまう人がいます。

確かに黒髪の中に白髪があると目立ちますから本人としてはとても気になるので
抜きたい気持ちがわからなくもないのですが、無理に抜けば他の毛にも負担がかかります。

つまり、髪を抜くという行為自体が育毛から見ればあまり感心する行為ではないのです。

頭皮の毛穴から平均3本ほどの髪の毛が生えています。

例えば、この3本のうち1本が白髪だとして抜いた場合、
抜く瞬間の衝撃はかなりのものと想像できるでしょう。

庭の雑草を例えば思い出してみてください。

ある程度固まって生えている雑草のひとつを抜こうとすると、他の雑草もつられて抜けようとしますね。

つまり白髪ではない髪の毛にも当てはまらないとは言い切れないのです。

気になる白髪でしょうけれども、根元付近からはさみでカットするようにした方が、
育毛から見る限り安全なのです。

白髪脱毛症と同じ毛の問題ですが、昔からそれほど改善する方法が発表されていない現状があります。

これはおそらく、「白髪は染めればいい」とか「脱毛症に比べればたいした問題ではない」などの理由からだと私は考えます。

しかし、それでも悩んでいる本人にとってみれば深刻といえます。

薄毛の人から見れば白髪などは大した問題ではないでしょうし、白髪でも毛があるだけましだと思われるでしょうね。

しかし、白髪染めにアレルギー反応を起こす人は絶対に染められませんし、白髪は年齢的にも老けて見られるのも事実なのです。

白髪が比較的少ない場合においては、やはり根元からカットした方が、髪の毛のためには良いと考えられます。


| 育毛から見た白髪について | 白髪 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

育毛成分とこれまでに使った育毛剤使用感

育毛剤の成分にはどのようなものが配合されているかご存知ですか。

育毛剤にはそれぞれの育毛メーカーが特徴を出すためとか、
脱毛症の種類により違いをもたせてあります。

では育毛剤にはどのような成分が含まれているのか見ていきましょう。

・おもに血流をよくする成分として抹消血管拡張剤があります。これは頭皮や毛根への血流を良くする目的があります。センブリエキス、塩化カルプロニウム、チクセツニンジン、ビタミンEなど。

・毛母細胞へのエネルギー供給に必要なものとして毛母細胞活性剤があります。ニコチン酸アミド、ペンタデカン酸グリセリドなどがあります。

・皮脂分泌をおさえる抗ふけ剤
・悪玉常在菌の活動を抑える殺菌剤
・ふけの発生を防ぐ角質溶解剤
・頭皮の乾燥を防ぐ保湿剤
・5αリダクターゼを阻害する作用抗男性ホルモン剤

などが挙げられます。
これらの育毛成分はそれぞれに特徴があるのですが、
大事なのは自分の頭皮や髪の状態などを考慮して、
これらの成分の特徴を見越して育毛剤を選ぶことが大切です。

それに、これらの成分はひとつだけではなく、いくつかの成分が配合されて
ひとつの育毛剤として売られている場合が殆どです。

しかし、リアップなどは、ミノキシジルを主成分として作られているので、ある意味では特徴的な育毛剤と呼べます。

その他にも蘭やアロエエキス、さらにはミカンエキスなどの育毛剤もあり、それぞれの使用感や効果なども調べてみれば面白いと思います。

私も蘭の育毛剤アロエの育毛剤、そしてミカンの育毛剤とそれぞれの育毛剤を使ったことがありますが、新しい育毛剤が出ればさらに使うといった状況なので、この当時としては、ひとつの育毛剤を長く使ったことがありません。

ただ、その時の使用感を挙げるならば、蘭の育毛剤は蘭を使っているだけに、優しい香りが特徴で、育毛剤独特の匂いが全然気にならなかったのを覚えています。

アロエの育毛剤は、これが一番私には合っていたようで、抜け毛の数が減ったのを記憶しています。

ミカンの育毛剤も香りの面では女性にも人気があるようで、保湿という点でも素晴らしい育毛剤だと思います。


| 育毛成分とこれまでに使った育毛剤使用感 | 育毛剤 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
<< | 2/22PAGES | >>