<< 増毛はおしゃれ感覚で薄毛を解消 | TOP | 薄毛と帽子とヘルメット >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

髪を痛ませないブラシ選びです。

育毛でも増毛でもそうですが、一生懸命手入れをしているのに間違った手入れをしている人がおられます。

その中にブラッシングがあります。

出勤前、出かける時や髪を乾かす時に殆どの人はブラシを使いますね。

しかし、この時に使うブラシの素材で大事な髪が痛む場合が少なくないのです。

特に多いのがナイロン製のブラシの静電気です。

髪は静電気とブラッシング時の強い刺激で痛むのです。

皆さんに馴染みのあるナイロン製ブラシは、安くて比較的どこでも手に入るので使っておられる人は多いでしょうけど、髪のためを思うならば猪や豚毛のブラシがおススメです。

特に増毛された場合は、なるべく髪が痛まないように気をつけた方が良いのはもちろん、一般の人、女性の人も自分の使うブラシは慎重に選んでください。

特に女性は毎日使うし、場合によっては持ち歩く人もおられるでしょうから。

髪は一度痛んだらもとには戻りません。

毛先が痛んだ場合は、その毛先をカットすれば良いのですが、髪の中間部分や根元付近が痛んだ場合はそういう方法はとれません。

まずは痛まない手入れを心がけることが、増毛育毛に関わらず大切なのです。
| 髪を痛ませないブラシ選びです。 | 増毛 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ