スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

育毛成分とこれまでに使った育毛剤使用感

育毛剤の成分にはどのようなものが配合されているかご存知ですか。

育毛剤にはそれぞれの育毛メーカーが特徴を出すためとか、
脱毛症の種類により違いをもたせてあります。

では育毛剤にはどのような成分が含まれているのか見ていきましょう。

・おもに血流をよくする成分として抹消血管拡張剤があります。これは頭皮や毛根への血流を良くする目的があります。センブリエキス、塩化カルプロニウム、チクセツニンジン、ビタミンEなど。

・毛母細胞へのエネルギー供給に必要なものとして毛母細胞活性剤があります。ニコチン酸アミド、ペンタデカン酸グリセリドなどがあります。

・皮脂分泌をおさえる抗ふけ剤
・悪玉常在菌の活動を抑える殺菌剤
・ふけの発生を防ぐ角質溶解剤
・頭皮の乾燥を防ぐ保湿剤
・5αリダクターゼを阻害する作用抗男性ホルモン剤

などが挙げられます。
これらの育毛成分はそれぞれに特徴があるのですが、
大事なのは自分の頭皮や髪の状態などを考慮して、
これらの成分の特徴を見越して育毛剤を選ぶことが大切です。

それに、これらの成分はひとつだけではなく、いくつかの成分が配合されて
ひとつの育毛剤として売られている場合が殆どです。

しかし、リアップなどは、ミノキシジルを主成分として作られているので、ある意味では特徴的な育毛剤と呼べます。

その他にも蘭やアロエエキス、さらにはミカンエキスなどの育毛剤もあり、それぞれの使用感や効果なども調べてみれば面白いと思います。

私も蘭の育毛剤アロエの育毛剤、そしてミカンの育毛剤とそれぞれの育毛剤を使ったことがありますが、新しい育毛剤が出ればさらに使うといった状況なので、この当時としては、ひとつの育毛剤を長く使ったことがありません。

ただ、その時の使用感を挙げるならば、蘭の育毛剤は蘭を使っているだけに、優しい香りが特徴で、育毛剤独特の匂いが全然気にならなかったのを覚えています。

アロエの育毛剤は、これが一番私には合っていたようで、抜け毛の数が減ったのを記憶しています。

ミカンの育毛剤も香りの面では女性にも人気があるようで、保湿という点でも素晴らしい育毛剤だと思います。


| 育毛成分とこれまでに使った育毛剤使用感 | 育毛剤 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

エイボンJから女性のための薬用育毛エッセンスが新発売

女性のための育毛剤は、男性の育毛剤に比べると数の上ではそれほど販売されていませんが、これはあくまでも女性専用と限定して謳われている場合を言っているわけで、これまでに販売されている育毛剤が女性には使えないという事ではありません。

つまりこれまでの育毛剤は男性専用に限られたものではなくて、女性でも使って差し支えない場合が殆どだと言えるのではないでしょうか?

ただ、育毛剤というイメージから想像するに、使う人は男性が圧倒的に多いだろうという先入観にも似た感じが女性の使用者を遠ざけた感はあるのでしょう。

さて、最近は男性の薄毛まではいかないまでも、女性の間でも抜け毛や薄毛でお悩みの方が増えているようです。

これは年齢に関係したことではなく、若い女性の間でも髪が細くなった、抜け毛が気になるなどの症状を訴えられる場合が多く聞かれます。

そこで今回は女性用の育毛剤についての情報がありますので、参考にされてください。

血行不良問題や頭皮の張りやこわばりを和らげて更に健やかな髪を育てるべく、
女性のための薬用育毛エッセンス
「エンドース スカルプ & ヘアー エッセンス」(医薬部外品)を、2006年11月29日より発売するとの情報です。


「エンドース スカルプ & ヘアー エッセンス」がその育毛剤なのですが、この育毛剤を販売しているメーカーからは「30代女性の薄毛・抜け毛に働きかける頭皮エッセンス」と謳われているのが特徴です。


この育毛剤を開発するのに、まず着目したのは、現代女性の抜け毛薄毛の一因である頭皮の血行不良等を引き起こすストレスです。


今現在においての30代からの女性の髪の悩みを調べてみると薄毛抜け毛となります。これらの原因としては、女性の社会進出増加による仕事や家事さらには人間関係などの精神的ストレスや、ドライヤー・カラーリングなどによる外的ストレスによる頭皮力の衰え(頭皮の血行不良・こわばり)が一因といわれています。

また女性の老化による深刻な薄毛としては、40代半ば以後の女性ホルモンの減少が始まったころから本格的にはじまるとも言われていますので、つまり年齢には勝てないということでしょう。

女性に特徴的な薄毛は、びまん的(まばら)に髪の毛が抜け頭全体の髪の毛が薄く見えるという特徴が見られるために、男性の場合の部分的に脱毛がおこるタイプとは明らかな違いを見ることが出来るのが大きな違いです。

女性用育毛剤としては、女性の健やかな髪を保ち育むために、ストレスによる頭皮の血行不良に働きかけ、頭皮をやわらげる有効成分「センブリエキス」を配合しているのが大きな特徴として挙げられます。

以下に主な特徴を掲げておきます。


製品名 エンドース スカルプ & ヘアー エッセンス(医薬部外品)
内容量 150ml
価格  ¥2,100(税込)

発売日   2006年11月29日


製品特徴は以下の通りですので参考にされてください。

・健やかな髪を育てる頭皮のための育毛剤である。
・センブリエキスが配合されている(毛根を刺激、頭皮の血行を促進する成分である)
・トウガラシエキスが配合されている(毛根・頭皮の血行促進)
・ストレスなどで硬くなった頭皮をほぐし健やかな育毛をサポートします。
・サリチル酸が配合されている(頭皮をやわらかくして頭皮の状態を整える)
・メントールが配合されている(スキッと爽やかな使用感)フケかゆみを防ぐ。
・保湿成分「酵母エキス」が配合されている。
・残量がわかる半透明パッケージ。
・弱酸性
・無着色・無香料

この育毛剤は、以下のような方にお勧めの育毛剤です。

・最近、めっきりと抜け毛の数が増えた方、またはそんな気がする方
・最近、髪が細くなった方、またはそんな気がする方
・まだそれほど気にはならないが、将来のために抜け毛薄 毛を予防したいと思っている方
・毎日のお手入れの際にトニック代わりに頭皮をすっきりさせたい方



製品購入方法

■フリーダイヤル:0120−511−206

■直営店:エイボン ビューティセンター
・東京オペラシティ店<新宿区西新宿3−20−2 東京オペラシティビル1階 電話番号:03−3320−8888>
・大阪梅田ディアモール店<大阪市北区梅田一丁目大阪駅ダイヤモンド地下街3号 電話番号:06−6348−4671>

| エイボンJから女性のための薬用育毛エッセンスが新発売 | 育毛剤 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

育毛剤の成分

育毛剤の成分にはさまざまな種類があります。
育毛剤の箱などに書かれているのですが、たくさんあって迷いますね。
そこで代表的な成分をいくつか以下にご紹介しておきます。


オイゲニルグルコシド・・・男性ホルモンの作用を抑制する成分です。

塩化カルプロニウム・・・フロジン液という名前で医療機関向けの脱毛症治療薬とされていました。
毛球部(毛髪を製造する箇所)のエネルギー代謝促進に働きかけます。


ミノキシジル・・・リアップで有名になったこの成分は、もともとは血圧降下剤として使われていました。しかし、服用していた患者から「が濃くなった」などの副作用が報告されたのをきっかけに育毛剤に応用されたのです。
毛細血管の緊張を緩めたり、血流の循環が良くなるなどの、育毛にとってはプラスに働きます。
リアップ以外にも外国用に濃度の違った育毛剤があります。


ペンタデカン酸グリセリド・・・休止期の毛乳頭にエネルギーを与え、発毛促進を狙って開発されました。

センブリ・・・代表的な漢方薬の成分である。胃の粘膜を刺激することで血行を良くするので、頭皮の血行につながる理由で育毛剤に応用されたと考えられます。


これら以外にも、ニンニクエキス、トウガラシチンキ、ビタミンE誘導体などが育毛剤の成分として幅広く使われていますので、次回、育毛剤の成分についてはまた書きたいと思います。

| 育毛剤の成分 | 育毛剤 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

血行促進を促す働きのある育毛剤について

血行促進を促す働きのある育毛剤について

血行促進の育毛剤の働きと言えば、毛細血管を拡張して血行を促し、なるべく多くの血液を送り、細胞分裂を活発にさせる目的を持った育毛剤と言えるではないでしょうか。

現に今、薬局や薬店などで売られている育毛剤の中では一番多いタイプです。

以下に、血行促進型の育毛剤に配合されている主な成分を書いておきますので参考にされて下さい。

1 センブリエキス
古くから民間薬(胃の薬)として知られています。胃の血行を良くすることは、皮膚の血行を良くするということにつながります。また、過剰な皮脂分泌の抑制力もあると言われています。


2 セファランチン
こちらも古くから結核の治療に使われていて、タマサキツヅラフジから抽出した成分です。
副作用で頭髪が濃くなった人がいたという理由で、脱毛症の内服薬として用いられたとか。さらに毛母細胞を活発化する働きもあるそうで、円形脱毛症にも効果があるそうです。


3 ビタミンE
大豆や小麦胚芽などに含まれるビタミンで皮膚の細胞を活発化します。


4 ニコチン酸ベンジル
米ぬかなどに含まれていて、血管拡張作用があります。


その他にも、トウガラシチンキや塩化カルプロニウムなどがあります。


血行促進型の育毛剤は、薄毛の予防段階の人や抜け毛が気になり始めた人には、かなりの効果を発揮するものと思われますが、その他にも頭皮が張っていて血行が悪い人や、肩こりなどがひどくて、それが理由で血行が悪くなっているような人にもおすすめです。
| 血行促進を促す働きのある育毛剤について | 育毛剤 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

育毛剤と医薬品、医薬部外品、化粧品

育毛剤を購入する際に、パッケージに医薬品、医薬部外品、化粧品などと、
書いてあるのを目撃された人もおられるでしょう。

これらには、以下のような違いがあります。

化粧品・・・効果よりも使用感などを楽しむもの。ヘアートニックなど。

医薬部外品・・・化粧品と医薬品の中間にある。今現在、発売されているほとんどの育毛剤がこのタイプです。副作用もそれほど考えなくても良い。

医薬品・・・薬局や薬店でしか手に入らない。あくまでも薬です。効果も期待できるが、使い方を間違えると副作用も。リアップなどが有名。

薬局や薬店に行けば、たくさんの種類の育毛商品が並んでいますので、
自分の肌や髪の毛に合う商品を見つけてお手入れを始めてください。

| 育毛剤と医薬品、医薬部外品、化粧品 | 育毛剤 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/6PAGES | >>